洗脳された葬式の意識改革が老人世帯を救う

日々の「我想う」
この記事は約4分で読めます。

いつも言うように無信仰の人なら直葬(火葬だけのお葬式)で当たり前、無信仰者が宗教儀式を行うことのほうが変なんです。日本人の多くは仏教の葬式が普通だと思っているようだし、評論家紛いの人達も葬式は、宗教儀式だと思い込んで書いてますが他人に押し付けるのは間違ってます。キリスト教徒が仏式を始めとした他の宗教儀式を行う事は絶対に無いし逆も当然ありません。だから無信仰の人が信じてない宗教の葬式に対し、謝礼を支払ってまで行うほうが変でしょ。だから慣習とも言えるけど、見方を変えれば洗脳と言っても過言ではないのが日本の葬式です。

いつも言うように僕個人は完全なる無信仰者です。だからどんな宗教でも初めから色メガネを掛けて見る事はありませんし、相談者の社会的地位、生活水準なども関係なく個の人間性でしか見ません。

そのお蔭で、多くの人達が嫌う宗教の信仰者でも、人間性や生き方が素晴らしいと思う人もいれば、住職という宗教者でありながら、とても信頼に足る人物とは思えず、単なる我が侭な奴でしか無い人もいるのが現実です。また人として問題ある人のほうが偉そうな態度を取る傾向にある宗教者には何度も、何十回も遭遇してきました。

きっと一般葬儀社なら黙って従ってくれたり、持ち上げてくれるのでしょうが、それが宗教者であろうと、家族目線でなければ、たとえ住職でも黙って対応しませんから、そんな僕の存在が嫌だったのでしょう。自分の言う事を聞く葬儀社に変更させた僧侶もいます。家族にとっては迷惑千万、自分は信仰心など無いのに墓が寺にあるという理由だけで仕方なく従った家族もいます。個人的にサッさと墓閉じすべき住職だと思います。

そんな事例も菩提寺の葬式は受けない要因のひとつになっています。檀家を辞める覚悟がある人ならいくらでも応援しますが、その決心が出来ない人は、一般葬儀社へ行ったほうがリスクは減ります。

ただ仏式、もしくは神式の葬式ばかりを見て育ってきたせいか、信仰心は全く無いのに仏式の葬式が当り前のように感じている人も多いし、70代以上人の多くは圧倒的多数が葬式は寺が行うものだと思っているわけです。

だから、仏式、神式の宗教儀式の葬式も家族の為にしているのが本音です。父親逝去の一報から「葬儀とはなんぞや」と考える以前は、寺の住職や宗教者は人の為に生きてる人だと思っていたし、僧侶は立派な人だと思ってました。ところが13年の間に僧侶は金の亡者が多くて表裏があって、家族の事を本気で考えてる住職は極稀にしかいません。『葬式専門の僧侶業』それも高額な出演料が必要だし、売れてるタレントのように我が侭です。これが菩提寺の葬式は受けない本筋です。他の一般業界なら有り得ないほど胡散臭いですが長く葬儀業界にいる人は気づかないようです。

これが一般の商売なら、これほど強く否定することは無いでしょう。商売なら儲けて当然、そこには同業者や顧客との駆け引きもあって当然と思います。ただ人の死は誰にでも訪れるし、故人を愛してた人は傷心だし、深手を負い落ち込んだ弱き者――、その傷心の人を霊感商法で騙して高額要求するわけで、それを本気で家族の為にしてと錯覚してるのか、承知の上で騙してるか分りませんが、そのせいで生活に支障の出る弱者を喰いものにする事に我慢ならんのです。

「うちは葬式サービス業で、これこれですから安くは無いし、高いですよ」と堂々と商売してるなら何も言う気はありませんが、安いと嘘を言い、何処でも同じだと嘘を言い、葬儀社の営業に至っては葬式の知識すらまともに無く、自分の給料をいかに増やすかだけで、騙しながら営業してるのが大半なのだから驚きもするし、飽きれもするけど、人の『死』と『病』を扱う仕事だけは、一般の商売と区別すべきだし、生活が大変な家だって家族の終幕は訪れるのを忘れてはいけない。

葬儀屋や寺の中には「自分達が食えない、食う為には最低の料金」みたいな事を言う人もいますが「あんたを食わせる為に葬式してるんじゃねぇよ」としか思えない。どんな商売でも同じだけど、葬式だけで食えないなら何処か働きに出りゃ良いし、自分がしてる仕事と受け取る報酬が納得できない利用者が多いから、依頼数が増え続けず食えない訳で全ては自分の問題です。まずは自分のしてる現実をしっかり見直す事、まずは反省して、言動を見直して、自己改革するのが先じゃねぇか!?

なぁーんて思うわけです。僕のように嫌な人なら依頼も入会も受けないし、菩提寺葬式も受けないとハッキリ言う事で食えないなら、それだけの実力でしかなく、嫌な思いをしてまで、食う為の仕事をする気はない。その時は潔く廃業すりゃ良いだけのこと、人間としてのプライドを捨てる気はない。

この腹が括れたら食える。食えなきゃ廃業なんだから、廃業したく無かったら、本当の利用者目線で動き続ければ、人には第六感と呼ばれる意識があるから本物と分るし、それが人を呼んでくれるから儲からなくても食えるくらいにはなるんです。長く商売を続けて来られた人なら分る法則です。

僕の仕事は弱者支援が基本ですから、依頼された葬式後の生活に極力支障の出ない葬式をする事と、事前相談の段階から、その家族に必要と思えるアドバイスをする事、口先だけの親戚、霊感商法で金を巻上げる輩から家族を守る為には、ある程度強行な手段を取らないと結果論として守ってあげられません。会員対象者を絞るのも、菩提寺を受けないのも、嫌な人を受付ないのも、全ては守るべき人と、そうでない人を明確にする為でもあります。

コメント

  1. LAW より:

    お疲れさまですm(__)m
    石垣島の長期出張から帰って来ました‼️

    沖縄県の仏教徒は極めて少ないです。ユタさんの活躍があります。

    宗教を受持しない家ならば、特段の事情がない限り、無宗教葬が一番ですね。沖縄で僧侶がお経をあげても
    首をひねられてしまうことがあるようですが、キリスト教や友人葬も普通にあります。

    宗教儀式は、故人やご喪家の希望にてやるべきことですね。

    • 代表 より:

      長期滞在お疲れ様でした。

      >宗教儀式は、故人やご喪家の希望にてやるべきことですね。

      その通りだと思います。

      葬式の基本は『家族とのお別れ』この根底があっての宗教儀式だとか

      お別れの時間なのですから、無信仰の人にとって、どうでも良い事が

      大半の葬儀社と宗教者で100万円以上の出費をしているわけです。

      今回のコロナ騒ぎを機に、現行の葬式に疑問を持つ人が増えてくれ、

      生活に余裕の無い人達の不安や心配が減ってくれる事を願ってます。

タイトルとURLをコピーしました