人を成長させるのは環境

日々の「我想う」
この記事は約4分で読めます。
ちぎら
ちぎら

えっと、我々が最初に目標にしたのは『5万円火葬支援パック』だと思いますが、代表が目標にした事柄を羅列して貰えれば、当時の自分が、どう受け止め、何を考えてたか、ひとつひとつ振り返り、今の自分と比較してみたいんです。自分が多少なりとも成長してたり、少しでも代表に近づいてたら安心しますし、自分も歩いた14年間ですから、代表の言う『未来予測』や『これから必要になる事』などが少しでも自分で発想できるきっかけになってくれたらと思ってます。

代表
代表

ほぉ、そういうことか。その言葉が千明の口から出るだけで、かなり成長してるのは間違いない。僕に人を育てられる能力は無いし、自分自身の過去を振り返ると、大人に成ってから誰かに育てて貰った記憶はないけど、背伸びするしかない環境の中で踏ん張ると、いつの間にか背伸びしなくても良い状況になってる事に気づいたみたいな経験は何度もしてきた気がする。あくまでも個人的な感覚だけどな。

ちぎら
ちぎら

私は育てられたと言うより、挑戦する姿勢やきっかけを貰った人はいます。中学時代はテニス部だったのに、高校時代は憧れの先輩がいた剣道部で、女子進学高でしたが優勝候補筆頭、2年間は私ともう一人、コーチの家でお世話になって剣道漬けの日々、3年では主将を任命されました。就職先を決める時、今も一流企業の就職試験を受けたいと言ったら、担任に「無理だ」と言われましたが、剣道部顧問から「やってみなければ分からない。他人の意見で希望を捨ててはならん」と背中を押して頂けた事で希望先に就職できました。

代表
代表

なるほど、担任は授業中の千明しか知らないけど、顧問は目標に向かう姿勢や努力を見てるから担任と違う判断をしたり、結果はどうであれ後悔させない術を知ってたんだろうな。その意味ではいい人との出会いが経験できたのはラッキーだな。

ちぎら
ちぎら

はい、顧問やコーチがいなければ違う人生だったのは間違いありません。ただ、どちらも剣道馬鹿みたいな人でしたから、顔を合わせば食事の時でも何処でも全て剣道の話ばかりで友人と2人で嫌になり、近くに部屋を借りて出たくらいです(笑)でも私には最初の師であるのは間違いありませんから、やはり人を育てるのは、人ではありませんか?

代表
代表

確かにそれもあるだろうけど、その考え方だと『師と巡り会わなければ人は育たない』という事になるし、全ての人が師と呼べる人と出会ってるとは思えない。千明のケースでも主将任命したのは顧問だろうけど、部員をまとめる環境に立てた事が千明を成長させたわけで、僕の人生を振り返ると『師』より『反面教師』が圧倒的多数だし学ばせて貰ってる実感がある。あんしんサポートは当初葬儀社紹介業を目指しただろ? でも自信を持って紹介できる葬儀社は無いと思わせてくれた反面教師が最初に依頼した葬儀屋だし、大手は金儲けしか考えてないと知ったのは千明自身が勤務してた葬儀社、どちらも反面教師、葬儀業界で言えば90%は反面教師だっから他者とは違う葬儀支援の道を走って来られた気がする。

ちぎら
ちぎら

人が育つ一番の要素は『環境』って事でしょうか?

代表
代表

自分の人生を振り返るとそう思えるし、どう考えても僕に人を育てる能力があるは思えないから、環境を与える事しか出来ない――、とも言える(笑)千明と逢って数年間見て、人となりが何となく見えてきたから将来の布石を打ってきた。
・愚痴は言わない、弱音は吐かない
・貧しさを経験してるわりに真っすぐ育ってきた
・頭の良い人だけど、クリエイティブ(創造力)さに欠ける
・コツコツ続けることは得意
・過去の固定概念が強い
・話すのは得意では無いが聞き上手
当時は企業拡大する事も考えてたから、ちょっと賢い人が入って、僕が居なくなったら乗っ取られる可能性が高い、そこで企業の中枢である経理を握れば、僕がいなくても、千明が現場で動ける体力が無くなっても主たる存在でいられると経理を任せることにした。当初の千明に経理はチンプンカンプンだったから、経理の初歩から教え、最善と思える会計ソフトを導入し、税理士に頼らない経理の基礎を教え、後は僕に聞いたり、自分で調べるよう指示、決算書が出来上がると税務署に行って確認したり、教えて貰うのが最善とアドバイスしたでしょ。あれから8年ほど経つだろうか――、今では全て千明が管理し、僕は現金がいくらあるのか、売上がいくらなのかさえ知らずに過せてる。だから環境が人を育てると思ってる。って言うと恰好いいけど、僕なりの打算あって事だから恩義を感じる事はない(汗)

ちぎら
ちぎら

それ、なんですか? 次回きっちり答えて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました