葬儀屋選択唯一の方法

日々の「我想う」
この記事は約4分で読めます。
ちぎら
ちぎら

前回の№75で、とりあえず具体的なことは終了しますけど、この13年間で代表が感じたことや、思いや、心境の変化などと、設立前から言いづけてる2030年代の予想など話しても貰えると、同じ道を歩いた私の感覚との違いや一致点も確認できるので、是非、続けて質問させてください。

代表
代表

うん、いいね、僕自身の考え方や思考変化の確認もできるし、前回じゃないけど、僕にもしもの時が来ても、慌てることなく、会員さんに心配させることなく、支援事業が続けられる事に繋がるだろうからな、建前抜きの本音で全て答えるから、なんなりと聞いてくださいな。

ちぎら
ちぎら

大都市、中小都市は、この数年で葬儀屋さんが増え続けてるのは、前橋市を見ても明らかだし、紹介した葬儀屋からマージンを取る小さなお葬式、イオン、などのブローカーも増えてるから、我が家に適した葬式を何処に頼んだら良いか迷うと思うんですよ――、だから、どんな考え方の家族は、こんな所を中心に頼むと良いよって分れば、探すにもある程度は絞れると思うんですけど・・・

代表
代表

最初から難しい質問だなぁ、家族毎の判断は難し過ぎるから、葬儀屋の形態によっての判断やメリット、デメリットなら書けるかも――、それで良いか!?

ちぎら
ちぎら

はい、構いません。メリット、デメリットが分れば判断基準にはなります。

代表
代表

まず分かり易い『地域でも大手の葬儀社メリット』
・式場や設備は比較的豪華だろうし、スタッフ人数は多い
・マニュアルはあるだろうから、画一的で流れ作業のような葬式なら得意だろう
・葬式はサービス業と考えてるから接客態度、言葉使いは丁寧な部類に入るはず
・大きな葬式、社葬などは得意だろう
『地域でも大手の葬儀社デメリット』
・料金体系は間違いなく地域最高レベルで高い
・個々の家庭毎に違う対応はしないし出来ない
・小さな葬式、直葬系は苦手だし馬鹿高いだろう
・スタッフの個体差は半端なく大きいから、スタッフの当たり外れは否めない

代表
代表

『葬儀屋紹介ブローカーメリット』
・料金は比較的低料金だろうし基本的には明確なはず
・ネットで内容、料金の確認は全てできるはず
・探すのは一番簡単な葬儀屋
『葬儀屋紹介ブローカーデメリット』
・紹介先の葬儀屋毎に全てレベルが違い、かなりの差があるだろう
・簡単に言うと、当たり、外れは間違いなくある
・外れに当たれば、追加され、内容や人間性は最悪まであり得る

代表
代表

『地域の古参葬儀屋メリット』
・昔から地域に馴染んでいるだろうから地域内では違和感がない
・昔ながらの葬式は得意、地域内の寺住職の人間性から作法まで心得てる
『地域の古参葬儀屋デメリット』
・料金は大手並みに高いほうが多い(過去との比較で自分は安いと思ってる)
・いまだに寸志が当り前と考えるなど、古い慣習の葬式しか知らない

代表
代表

『新規参入の小さな葬儀屋メリット』
・料金体系は比較的低料金だろう
・ネットなど広告宣伝もかなりしているだろう
『新規参入の小さな葬儀屋デメリット』
・これは全ての葬儀屋に共通するけど、嘘つき、誤魔化しは当り前と思っていい
・経験の無さから来る知識の無さは、僕からみても怖ささえ感じる
・得体の知れない葬儀屋――、というのが現実じゃないかな

ちぎら
ちぎら

我が家に最適な葬儀屋探しは結構大変みたいですね。代表の話しを聞く限り、逝去後になって慌てて探して、我が家に最適な葬儀屋が見つけるのは無理に近いですか?

代表
代表

だろうなぁ、僕自身過去に10数回の葬式経験があっても、葬儀屋の良し悪しは全く分らなかった。自分が施行する側になって初めて分ったようなものだからなぁ、葬儀屋の良し悪しは個々の家族毎に基準も違うし、金銭感覚も違うから、紙面に書く良し悪しの判断は、ある家族限定と思って間違いない。ようするに、一般論で良し悪しの判断は出来ないんだよ。勿論、やたら追加するとか、粗悪品を使ってるとか、満足な知識すら無いみたいなレベルは論外、まともな内容、まともな料金体系、追加不要な内容で人の資質も一定水準以上だけの比較でも難しいはずだよ。

ちぎら
ちぎら

ってことは、葬儀屋選びの基準や方法は無いってことですか?

代表
代表

いや、ひとつだけある。
実際に葬式して支払いまでした家族だけが、その葬儀屋の真の姿を知っている。
・葬式内容を決める際、我が家の事情を汲んで最善の葬式を企画立案したか否か
・担当者を始めとした葬儀屋の人間性はどうだったか
・葬式で使用する全ての項目は誰が見ても違和感の無いもの(事)だったか
・その費用は家族からみて適性、または安いと思えるもの(事)だったか
・葬式後の各手続など、家族の分らない事を全て的確に教えてくれる知識はあったか
・遺骨の処理、供養は家族の未来を考慮し、最適な方法を教えてくれたか
・墓の建立、墓閉じに至るまで家族主体の相談、施行をしてくれたか
・葬式後の各法要、盆法要なども全て適性、低料金で対応してくれるか
これらの内容の本音を出来るだけ多くの家族に聞く――。これ以外にはない。

ちぎら
ちぎら

なるほどぉ、言われて見れば納得ですから、葬式は慌てて探して何とかなるなるものではなく、我が家に最善の葬儀屋を探すなら、時間を掛けなければ無理なんですね。考えてみれば、いつか必ず必要なら、すぐに探し始めるべきなのは分りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました