賢い墓閉じの仕方

日々の「我想う」
この記事は約3分で読めます。

賢い墓閉じの流れ

・一番最初は、寺でなく、墓の撤去、処分費用を石屋さんに見積もって貰います
・墓閉じ料金差は依頼先で数倍ある業界です(最低3社から見積もりをとりましょう)
・墓閉じは墓を建立した石屋である必要はない(分らなければネットで探しましょう)
・仏式の墓は閉眼供養してから撤去が普通です(宗教者謝礼は1万円~3万円程度)
・納骨されている遺骨処理の費用を出します(基本は散骨と手元供養でしょう)
・墓を別の墓に移す事を改葬(かいそう)と呼び、墓の管理者と行政の許可が必要です
・墓から出した遺骨を散骨する場合、改葬には当たらず行政の許可は要りません
・墓から出した遺骨を手元供養するする場合も行政の許可は要りません
・墓撤去処分費用+遺骨処理費用+閉眼供養料=墓閉じ費用です
・総額見積りを出し可能な金額なら、その段階で初めて寺や墓の管理者に伝えます

墓閉じする旨を事前に伝えない理由
・事前だと色々言われ「祟られる」と脅す住職もいる。余計な腹を立てる必要はない
・また費用面で予想以上に高額な場合、すぐに閉じられない事もあり得るからです
・依頼する石屋には、石屋だと分らないよう現場に行って欲しいと伝えましょう
・例え1万円でも、見積もり前に渡し、依頼時は差し引いてくれるよう交渉しましょう
・すぐ墓閉じできない時は1万円を手数料で渡す。後日依頼しても快く受けてくれます
・一度も経験はありませんが、もし寺が「離檀料」うんぬんと言っても、墓の権利を買った時点で離檀料が契約書に書いてあったと思えませんから拒否します。それでもごちゃごちゃ言ったら墓は放っておきましょう。

墓閉じのタイミングと費用の考え方

・結論から言うと「できるだけ早いほうが良い」です
・年金生活に入ると収入が減っても、基本的に増えることは絶対にありません
・老いると医療費や投薬など費用が掛り、墓閉じ費用の捻出が出来なくなります
・墓閉じ費用は使用した石の量と、墓の場所によって、かなりの料金差が出ます
・墓所内の位置、道路に面しているか、墓の横まで車で行けるかなどの違いもある
・道端の墓でトラックのクレーンで墓石を吊れる場所なら安く済みます
・墓所内の狭い通路で奥なら、墓石を運ぶ搬送機等を使用するため高くなります

寺の墓を閉じ、その寺の永代供養墓はナンセンスで理解不能

・墓閉じする人の中で唯一理解できないのは、こんな人達です
・寺の墓閉じする家族は墓守不在と墓の維持費や寺への寄付を嫌がる人が多いです
・なのに墓の撤去費用を掛け、同じ寺の永代供養墓に入れば、更に費用が掛ります
・よく考えてください『墓を2回建てたのと同じでしょ!?』
・このケースは年会費や寄付も今まで通りでしょ――、なんの為の墓閉じですか!?
・墓閉後の費用は掛からないが基本、全散骨が嫌なら少量の粉骨を貰えば良い

墓の建立は安直にしてはいけない

・墓閉じする中には誰も納骨してない墓もあります(安易な建立は無駄金になる)
・少なくとも、建立から三世代の墓守がいて心配ないですか?
・ある程度まで齢を重ねれば、誰でもいつか墓参に行けなくなります
・個人的には少子化が進み、核家族化が進んだ今、墓を持つ時代は終わったと感じます
・また墓は世界に羽ばたこうとする若者の足かせになります
・墓は建てる事より、守り続けられるかが最大基準だと知りましょう

少子化時代、お勧めは『散骨』+『手元供養』

・粉骨を少し貰い、可愛い小物入れで手元供養すれば、仏壇で無くても問題ない
・何処でも持って行け、両親の墓など少量なら撒いても問題はありません
・最後は自分の遺骨と一緒に全て散骨して貰えば、跡取りが無くても問題ありません
・あんしんサポートホームページの永代供養散骨を参考にしてください 
 あんしんサポートホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました