葬儀屋と葬儀支援の違い端的に教えて

日々の「我想う」
この記事は約3分で読めます。
ちぎら
ちぎら

事前相談で時々葬儀支援とは葬式の手助け? 葬儀屋と何処が違うの? 的な聞き方をされると、端的に明確な答え方が分らない時があります。勿論、自分では全く違うものだと分り切っていますけど、相談者が分る端的な答え方を教えてください。

代表
代表

この手のブログは何度も書いてるけど、相談者に端的に伝えるなら葬儀屋と葬儀支援の違いを比較すれば分りやすいんじゃねぇかな?

ちぎら
ちぎら

具体的に教えて貰えますか?

代表
代表

『葬儀屋』
・『葬式』という部分のみを行うサービス業


『葬儀支援』
・『残る家族の生活を守ること』が最大目的

ちぎら
ちぎら

ですよねぇ、でもこれだと葬式経験の無い人には理解できないようで――、もう少し詳しく言うと、どうなりますか?

代表
代表

うむ、もう少しでなく、千明は明確な違いをしっかり文章としても把握しておき、その都度相手によって必要な説明ができるようしておくべきかもな。各々の詳細まで明確に文章化してあれば、必要な部分を抜粋して端的に伝えられると思う。

代表
代表

『葬儀屋』は簡単だから先に書きます《ひとことで言えば、完全なるサービス業》
場所貸し、宗教者も含め必要な業者を集め、家族と業者からも利益を得る仕事だな
・死後の死体処理を信仰の有無に応じて行うサービス業
・基本的に『葬式』部分のみを主として行い、結婚式場の葬式版と思っていい
・存命中、葬式後は基本的に感知せず、行う場合の多くは紹介業として利益を得る
・接遇、僕には理解不能なマナー、電話応対、話し方などホテル業に近い部分が優先
『メリット』
・お客様扱いして貰える
・何もしなくても全て葬儀屋が対応してくれる(費用は当然掛かります)
・葬儀屋によるが豪華な建物、施設を所有している所もある
・世間体や見栄を張る人なら、葬儀屋によっては見栄が張れるだろうな

ちぎら
ちぎら

デメリットは書かないのですか?

代表
代表

デメリットは各家族毎の感性と事情で違ってくるからな、利用者に聞くのが一番だよ


『葬儀支援』葬儀屋でなく、サービス業でもなく、必要な家族のみ対応する会員制最低限違和感の無い内容と品質で、可能な限り低料金を追求し利益は極端に少ない
・生前入会が必須、死後費用への不安を無くし、余生を安心生きる支援
・「生前(手続含む)」「逝去直後」「火葬後」「死後手続き」等全て無料対応
・会員ですが、お客にあらず、家族の生活を守る為には時に叱咤することもある
・建前無用、残る家族が笑顔で生きられる為に必要な支援活動が主目的
・葬式は上記支援活動の中にある流れの一部である
・故に家族の生活が守れる葬式内容が基本となる為、葬式内容は必然的に決まる
・実際に葬式した家族に聞けば分るが、葬式の話しは殆どしない事が多い
・しかし死後に必要な様々な手続きについては数時間も当たり前である
・葬祭費、年金、生命保険、預貯金、不動産、自動車等々、必要な事の全てに対応

ちぎら
ちぎら

あら、メリットは書かないのですか?

代表
代表

葬儀支援をしている所は、ほぼ無いから、葬儀支援そのものが最大メリットなんだよ。また葬儀屋のほうが良い家族もいるし、葬儀支援が必要な家族もいるわけで、どっちが良い悪いではない。ただ葬儀支援は全国でも殆ど無いから、金銭面だけでなく、知識面も含め支援を必要とする人は、叶えてくれる所を早い段階で探す必要がある。葬儀屋が何でも知ってると思ったら大間違い。うちで話す内容の殆どは知らないのが現実、一箇所では無理だから、必要な場所に行くしかないだろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました