葬儀支援とはなんぞや

葬儀支援ご利用案内の詳細
この記事は約2分で読めます。

「葬式費用の心配をすることなく自分や家族の終幕を迎えられるお手伝い」

葬儀支援を端的に言えば、たったこれだけのことです。
人の死は誰にも必ず訪れますが、その時点で財布に余裕が無い人や家族はいくらでもいます。しかし日本の葬式は、先進国の中でも異常に高額な費用が掛ります。ところが対象者は入院費、医療費、施設入所費などで散在した後に死を迎えることが多く、とても高額な葬式をする余裕は無い状態でも不思議ではありません。

一方葬儀社や一番多い仏式葬式の宗教者は「故人」「供養」の言葉を使った霊感商法や誘導商法で、少しでも高額にしようと罠にかかった獲物を見るが如くのありさまです。

結局、葬儀社、宗教者、親戚、隣保の無責任な言葉に惑わされ、葬式後の生活さえまま成らない状態の中で高額な葬式が行われ、葬式後の家族は借金やローン返済が残るのも極々当たり前に起きてる現実、されど好き勝手言ってた葬儀社、宗教者、親戚、隣保が残る家族を助けてくれることはありません。

だから自分の生活は自分で守る以外に無いんです。ところが大半の人は葬式の何が分からないかさえ分からない現実ですから、対策を立てる術さえありません。そこで葬儀支援センターの出番となるわけです。

・家族の持つ事情(金銭面、家族関係など諸条件)の本音を全て聞く
・その家族の生活が守れる大前提で最善と思える提案と相談をする
・最善の方法が可能となる以下の場面の全てを提案する
 『存命中』『逝去時』『葬式内容』『遺骨の問題』『葬式に関わる他の諸問題』

これが葬儀支援の実務です(全てが超低料金である事が大前提です)
1. 入会後は費用も含め死後の心配をせず葬儀の時間を過ごせるようにする
2. 超低料金で、豪華で、高品質な葬式の施行を創り出し施行も行う
3. その家族にとって逝去後に必要な手続きの詳細を相談し伝える
4. 遺骨や墓について、後々最善と思えるような対処法を伝え実行もする

これが『葬儀支援とはなんぞや』の答えであり、葬儀社とは似て非なる部分です。残念ながら2020年現在、国内無二の存在として群馬県前橋市にしか存在していません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました