墓や仏壇ってのは

日々の「我想う」
この記事は約1分で読めます。

個人的には墓や仏壇が必要だと思わないけど、可愛がってくれた祖父母とか、頼りにしてた両親と話したいなぁ、報告したいなぁ、愚痴をこぼしたいなぁって思った時、墓や仏壇に向かって話すと少しは気持ちが楽になるかもしれないね。だから仏壇や墓は、あの世の人達と話しをする為の扉のようなものだと思う。それと本当の墓は各々の心の中にあるんじゃねぇかなぁ、命日だったりとか何かあった時に思い出す故人がいたら、その人の墓はいつまでも心の中にある――、だけど全くと言っていいほど思い出さない人の墓は無くなってるんじゃないかなぁ。そう、お墓は形のあるものではなく、個々の心の中にあったり、無かったりするものだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました