「直葬(火葬料込)」都内でも税別20万円が上限価格

日々の「我想う」
この記事は約3分で読めます。

「直葬」とは、文字からして、本来は病院、施設等から直接火葬場に搬送安置し、火葬だけの葬式の事を指してる言葉だと思いますが、今では宗教儀式を行わない葬式に使われる言葉になってます。直葬=火葬式が本来の言葉だと思うけど、今は直葬のほうが理解できるようです。ちなみに直葬(ちょくそう)と読みます。

直葬が増えてるのは間違いありませんが、料金格差も大きくなっていますので、その辺りを書いてみよう思います。時々適性料金なる言葉を見掛けますが、こんなものはありませんと断言します。業者側からの設定か、消費者側から見た設定かで全く異なりますし、業者側と言っても1人で経営してる会社と100人の会社では掛る経費が違います。
だからあえて使うなら「我が社の適正価格」が正しいわけです。業者の能書きは自己中心の言葉に過ぎないですから、利用する人も自己中心で考え判断すれば良いわけです。

そこで「直葬料金」ですが、個人的には全国何処でも、火葬料込みで20万円を超えたら高いと思って良いと思う。火葬料が関東で一番高いのは、民間斎場の多い東京都内で59.000円+骨壺+待合室=80.000円ほど掛かりますので実質120.000円で搬送2回、安置、保冷剤、棺、線香具などの全てを賄うことになります。これが火葬料金無料地域
なら実質120.000円で都内と同一料金ということです。

家族葬、一般葬の料金をどうこう言うつもりはありませんが、あえて火葬利用金に対し明示したのは「直葬」とは特別な葬式の形態で、直葬を選択する家族は2種類だけです。

直葬を選択する家族は2種類だけ

1. 金銭的に余裕がなくできるだけ費用を抑える必要のある家族
2. 信仰も含め、現行の葬式の在り方を良しとしない家族

でも圧倒的多数は「1」の家族ですから、最大のポイントは『できるだけ安い』なんです。それも追加は一切しなくても行える料金が――、です。どんな仕事も社会貢献はすべきだと思うし、人の死を扱うなら、誰にでも対応できる料金を設置しておくのが葬儀屋が唯一求められる社会貢献だからです。家族葬や一般葬は大きな利益が得られますから利益追求の手段であって、求められる社会貢献ではありません。

都内で200.000円以下、火葬料が無料地域なら120.000円以下、これが直葬料金の最高額基準でしょう。これ以上の料金設定しか出来ないなら直葬は受けなきゃ良いんです。利用者の為を思うなら「直葬は受けておりません」と書き出すべきです。直葬とは上記で書いたように、家庭事情や明確な思考のある人達が望む葬式形態だからです。これから葬式を考える家族は参考にされると良いでしょう。

あんしんサポートの直葬69.000円とは言いませんが、様々な理由で、その時点では余裕の無い家族も終幕を迎えるのですから、せめて「直葬」だけは社会貢献料金にしても罰は当たらないと思います。もっと言えば知事、市区町村長が主導して「誰もが死後費用の心配をせず生きられる」県、区、市、町、村にして欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました