№21「火葬時間と所用時間と炉前に置ける物」

日々の「我想う」
この記事は約3分で読めます。
ちぎら
ちぎら

そう言えば、たまに10時火葬と聞いたから10時に来たのに逢えないのか!って言う人がいたり、火葬時間って斎場によって様々だし、火葬炉の前に置ける物も違う気がするんですけど――、

代表
代表

まず『火葬時間』これは全国共通だから覚えておく必要がある。集合は火葬時間の30分前が基本だと思っていい。10時火葬とは、どんなに遅くても10時には火を入れますという時間です。霊柩車で搬送してから、最後のお別れをして火葬炉に入れば、少なくとも15分は掛るし事前焼香の斎場なら更に時間が掛かるから、30分前じゃないとしっかりお別れできない事になる。でも10時火葬と呼ぶのが普通です。斎場によっては15分前だとお別れさせて貰えない所もあるのが現実、利用する斎場の決まりを葬儀屋から聞いたほうが無難。


次に『火葬の所用時間』群馬県で言うと一番速いのは太田市の60分、次いで前橋市70分、あとは90分が基本時間となります。


また『拾骨時の様式』では、利用した事の無い斎場もあるので全てではありませんが、大多数の斎場は一旦ステンレスのトレーに取り分けてからの拾骨ですから冷めた状態です。しかし今でも熱いまま拾骨する斎場もあります。群馬県では沼田市、渋川市、伊勢崎市がそうです。


『火葬炉の前に置ける物』昔ながらの斎場で白木膳が置いてあるのを見た事もありますが、基本は写真、位牌、骨壺だけでしょう。生花、酒、食べ物なども基本的には駄目です。うちの葬式でもたまに火葬炉前のテーブルに酒など置こうとする人がいますが、駄目だよと伝えます。うちだけの問題ではありませんから利用する業者は徹底する必要がある部分です


『火葬数』当然、火葬炉の設置数で火葬できる数は違うし、火葬予約時間も斎場毎に全て違うと思っていい、火葬予約は早い斎場で午前9時から、午後4時の間で群馬県は午前9時の斎場もありますが、大多数は午前10時~午後3時が最終です。

ちぎら
ちぎら

斎場の利用規約って個々でバラバラですよね。

代表
代表

そうだね、各市で好き勝手に決めてる感が強く、全く統一されてない。
『火葬料金』
群馬県の場合、市民無料が大半、沼田市だけは市民1万円かな。前橋、伊勢崎、渋川は届出人が市民なら誰でも無料で火葬して貰える。県外から施設入所してた方の火葬なら、施設長が家屋管理人として届出すれば、住所は他県の人でも無料で火葬できるのは大きなメリットだろう。さらに待合室無料とか、待合室を利用しなくても良い斎場なら数万円のメリットが出る。極端に言えば現在関東で一番火葬予約が取り難いと言われる横浜市の人でも、親族である前橋市民が届出すれば、何日も待たず無料で火葬できるという事です。あとは前橋まで搬送する費用との問題だね。


『火葬中の待合室』
有料が基本だろうな、前橋を見ると火葬待合室は14部屋あるけど、10名程度の少数なら待合室を借りなくても問題ないし、隣接の伊勢崎市なら、もっと大人数でも全く問題ない。一方、西の高崎市は1人でも有料待合室を強制的に使わされる。


この辺りは常に利用してる葬儀屋なら、詳しいし、滅多に利用しない葬儀屋はアゥェイ感覚だろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました