№36「携帯解約、自動車、電気水道光熱費の名変」

日々の「我想う」
この記事は約2分で読めます。
ちぎら
ちぎら

故人名義の口座だけでなく、携帯の解約、自動車の名義変更、更に自宅の電気水道光熱費など故人の口座から引き落としてる人はどうすれば良いですか?

代表
代表

まず故人名義の携帯電話の解約について、
・死亡解約なら基本的に2年縛りの違約金は掛からないのが一般的だろう
・但し、本体の支払い残額は支払うことになると思う
・docomo、au、Softbank等の販売店で確認すると良いでしょう。
・死亡診断書など必要な会社もある
個人的には全てのメーカーを扱ってるショップで購入してる人は、そこで確認したほうが裏技を教えてくれたり、いつ解約するのが最善か教えて貰える可能性が高い

代表
代表

次は故人名義の自動車について、
・自動車は何故か財産扱いのまま法律が変わってない(今は消耗品だろう?)
・家族が乗るとか、売却や廃棄をするにも、一旦は家族の誰かが相続する必要がある
・生きてる人が相続した後は、乗るなり、処分すればいい
・相続については書類で簡単に済むので、高いディーラーで行う必要はない
・修理工場など車を扱う所なら何処でも対応できると思う
・車の処分で費用が掛ることないと覚えておこう

代表
代表

次は故人名義の口座から自動引き落とし場合について、
・故人名義の口座はゼロにすると、以前のブログで書いたでしょ。これは変わらない
・口座の残金ゼロだから、当然引き落しは出来ない
・すると督促状が自宅に届くことになる
・その督促状をもとに名義変更したり、引き落とし口座の変更をするのが最善です
・この方法なら全ての引き落しが判明するし、変更すべき事のやり残しがない

ちぎら
ちぎら

そっかぁ、引き落とせる金額を残す必要は無いんですね。これって口座からの引き落しだけでなく、全ての支払いに言えることですよね?

代表
代表

うん、そうだね。
それと借金があった場合にも分るだろうから、借りた会社に『当人が逝去』した旨を伝えられる保証人になってなければ支払う義務は当然ない。また残した財産より借金のほうが多ければ『相続放棄』を検討できる。相続放棄は死を知った日から3か月以内だから、葬式後は迅速に行ったほうが良い。あ、もし借金の金額が明確にならず、調査が必要なら事前に『家庭裁判所で手続きすれば更に3か月延長できる』から、慌てる必要が無くなると以前書いた通りだよ。

代表
代表

家族の逝去で生じる手続き、慌てずゆっくりすれば良いと言う人もいるけど、不動産処理など難しい問題は別として、基本は迅速にすべきだと思う。またゆっくりと考えているうちに忘れてしまう事だってある。相続放棄は3か月、国保からの葬祭費5万円支給の手続きは2年で権利失効など期間限定もあるからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました