№50「年寄りが金に執着する理由・次回予告」

日々の「我想う」
この記事は約2分で読めます。
ちぎら
ちぎら

事前相談で、対象者の預貯金は事前に引き出せば揉めないとアドバイスすると「通帳とカードの場所は教えてくれない」と言う家族が結構多いけど、子供でも教えない親の心理ってなんでしょう。

代表
代表

まだ、そこまで年老いて無いから未経験だけど、2つの事が考えられる気がする。『お金を持ってれば大事にしてくれる』
これは、ある寺の住職から聞いた事だけど「うちで一番金持ってるのは婆さんだよ」って言うから「年寄りが大金持っても意味ねぇだろ!?」って言ったら「お金を持ってれば年寄りでも大事にされるからね」って言ったらしい。これを聞いた時なるほどなぁって思ったよ。

ちぎら
ちぎら

はぁ・・・どこが「なるほどなぁ」なんですか?

代表
代表

住職の親だから言った言葉なのは確かで、今でも嫁と姑の争いは何処にでもあるし、この寺で嫁姑の争いは全く無いんだけど、これから寝たきりになったり、自分の事が自分で簡単に出来なくなった時を考えると――、なんだろうな。逝去するまで大金を持ってると思えば、それなりに大事にして貰えるのは何となく理解できる

ちぎら
ちぎら

そういうことかぁ、分らないでもないですよね。もうひとつは?

代表
代表

『ぶっちゃけ信頼できないか、痴呆がお金に執着させてるかだろう』
痴呆が入った老人の中には『お金への執着心が強くなる』人っているじゃん「私のお金を盗ったのは誰!』みたいなね。これ会員さんからも結構聞くでしょ?

ちぎら
ちぎら

はい、はい、時々聞きますね。

代表
代表

団塊世代から上の人達は、敗戦の影響を受けてるから、我々よりお金に対する執着は強くて当然だろうと思う。極端な人は命より大事――、なんて思う人だっているかもしれない。お金があれば大事にして貰える・・・なんて思われないようにするには、何年、何十年と積み重ねて信頼を得るしか無い、そう考えると簡単なことではないけど、老人のお金に対する感覚を理解した対応が大事だろう。

ちぎら
ちぎら

ところで、話しは変わりますけど、事前相談をしてると「位牌は必要ですよね」とか「遺影写真は必要でしょ」とか「必要なものは何ですか?」という類の質問と線香の本数やリン鳴らす回数など、多岐にわたる質問をされますが、その辺りを個々に書いて貰えると助かります。

代表
代表

言われてみればそうだろうな、無信仰と言いつつ位牌は必要と言っちゃうのが素人さんだからなぁ、要不要と聞かれたら『火葬に必要な物以外は何も要らない』のが本音だけど、それじゃあ意味は無いだろうから・・・ ひとつ、ひとつの使い方、由来、説明を書けば、家族自身で要不要の判断材料になるかもな。ちょうど50回の区切りだし、次回から葬式用品毎の説明を書きますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました