№51「葬式使用品(項目)選択できるもの、できないもの」

日々の「我想う」
この記事は約4分で読めます。
ちぎら
ちぎら

今回から逝去時に使用する物など個別の説明をして貰えるんですね。できれば逝去時点から順を追って話して貰えると理解し易いと思いますから、最初は搬送料金とか搬送シートからでしょうか?

代表
代表

うーん、、言いたいことは分かるけど、寝台車や搬送シートは家族が選択できないだろ!? 料金は葬儀屋毎に陸運に届け出た決まりの範囲で設定してるから、書くとすれば『何処から何処までの距離で料金を出すか』とか『葬儀屋毎にパックに含まれる距離が違う』とか『時間帯で追加が出る』とかだろうな。勿論、選択肢のある項目は、その旨を書けると思うけど。

ちぎら
ちぎら

あ、そうかぁ、なら『選択可』『選択不可』の表示と、それぞれ説明できる範囲で書いて貰って良いですか? 選択できる項目は家族の感覚で選択すれば良いし、選択できない項目は、葬儀屋選びの基準として考えられますよね?

代表
代表

簡単に言ってくれるけど、結構面倒な作業になりそうな気がするのと、項目によっては葬儀屋は嫌な文章になる可能性もあるだろうなぁ、でも公明正大な業界を目指すなら避けて通れない部分だし、初めて葬式する人達が参考書代わりに読めば、要不要の判断ができる書物は見たことないもんな――、うちもそうだけど、葬儀屋各社が好き勝手に設定してる葬式パックしか無いから、本当に最低限必要な物はどれなの? って思って当然、その意味では価値あるかもな。

ちぎら
ちぎら

そうですよ、13年前に立ち上がった時、古参の葬儀さんは代表を「変な奴が現れたけど、すぐに無くなるよ」って言ってたそうだし、代表がブログ書き始めた当初は住職と名乗る人達から「傲慢だ」とか色々言われたじゃないですか、そのコメントに対し「僕は名前も顔も出してるのだから、あなたも何処の誰か明らかにしてくれたら、いくらでも受け答えしますよ。但し名無しの権兵衛と話しをする気はありません」って書いて、誰一人として返信をよこした人はいませんでしたよね。

代表
代表

あはは、随分と古い話だけどよく覚えてるねぇ、まず、傲慢とは「奢りたかぶり人を見くだすこと」だから、そりゃ自分だろうが――、何か言う前に熟語の意味くらいは調べてから書けよって笑えたのを覚えてるよ。で、それがどうかしたの?

ちぎら
ちぎら

設立した時から、葬儀屋ではないと言い続けて、個々の家族目線だけを貫いてきたし、そんな代表を支持する利用者が沢山いたから、13年前は代表たった一人だったけど、今では『変なものは変』『間違いは間違い』と言える業界になってきたと思ってるんでよ。だけど、葬儀屋さん達はどうしても利益に目が行くから、本当は不要だと思っても売り付けたりするじゃないですか、だからこそ、改めてその項目の詳細や由来など知れば、うちとは関係ない地域の家族でも、家族毎に要不要の判断ができると思うんです。

代表
代表

なんだか、今までより気合が入ってるなぁ、どうしたの?

ちぎら
ちぎら

NPO時代の事前相談で「NPOは助成金があるから安いんでしょ」とか「非営利だから儲けては駄目なんですよね」って知識の無い人達から言われるし、挙句の果てに「お寺の布施は高くても仕方ない」って言われると、すっごく腹が立ったんですよ。今は菩提寺の葬式は受けないから、そんな事も無いけど、この発言って結局は葬儀屋や寺から言われた事を鵜呑みにしちゃうからだと思うんです。ならば、偏りのない正しい知識を伝えて行くしかない、でもそれが出来て、尚且つ葬式施行が出来るのは、極端に言えば国内でも、あんしんサポートだけだろうと思うんです。

代表
代表

俺なら事前相談でも反論するし、嫌なら受けないけど、千明は良く言えば聞き上手だし、真っ向から反論しないだろうから、ストレスとして溜まるんだろうなぁ、分った、なら、とにかく個々の家族目線とはいかないけど、客観的な視線で偏見を持たず『残る家族の生活が最優先』この理念の基に書けば良いかな。

ちぎら
ちぎら

はい、お願いします。なんか熱くなっちゃいました。

代表
代表

問題ないよ、それだけ真剣に会員の為に取り組んでる証でもあるし、13年間で業者目線から、家族目線へと成長した証拠でもあるからな。利用会員に感謝は求めないけど、我々が今の設定内容を設定料金で行うには、自分達の持つ人生の全てと命まで削って初めて実現させてるのも理解できず、葬儀屋は儲かると思うなら拒否して当然だし、個々の家族の価値観や実情の中、自分達で判断できるだけの知識を伝え続けなければ、いつまでも業者主導の業界のままで消費者は賢くなれないしね。

代表
代表

これから書く項目の全てに於いて確固たる基準があるから明言しておく。


『誰が見ても違和感が無いのが大前提』


僕がどんな説明をしようが、これだけは忘れないことだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました