№57「末期の水をとる由来」

日々の「我想う」
この記事は約2分で読めます。
ちぎら
ちぎら

話しが前後しちゃいましたけど、線香の前に『末期の水』をとるじゃないですか、たまに「喉が渇いたでしょ」って言う人もいますけど、喉の潤いが目的じゃないって詳しく教えてください。

代表
代表

仏教で行われてる作法の大半は開祖である釈迦にちなんだ事が多く『末期の水』もその代表的な作法と言えるだろう。釈迦入滅(入滅とは生死を超越した悟りの境地に入る事を言う)は、今ならあり得ない食中毒なんだけど、お弟子さん達は何とか元気になって欲しいと何か食べて貰おうと団子を作って枕元に置いた(医は食からと言われる)が釈迦はこれらを口にする事なく入滅したようです。ただ釈迦が最後に口にしたのが『水』だった事から『末期の水』をとるようになったのが由来。

ちぎら
ちぎら

そうですよね、ただ最後になると誤嚥性肺炎を心配して、水も飲ませない医者もいるじゃないですか、だから「喉が渇いたよね」って言葉が出るんでしょうね。

代表
代表

あー、その点については、あんしんサポートの考え方を書いておくよ。ちぎらが言うように誤嚥性肺炎を心配して、食べ物や水を飲ませてくれない医者は多い、点滴で水分補給するから、喉は乾いても水分補給は出来て問題は無いんだけど、「〇〇が食べたい」「水が飲みたい」って言われる事はあると思う。その判断だけど、治療後は元気になる可能性があるなら、医師の指示に従うほうが良いだろう。ただ回復の見込みが無いなら、食べたい物を食べさせ、飲みたい物を飲ませてあげたほうが家族の後悔は少なくなる。医者は1日でも長く生かすのが仕事、でも家族は1日長く生きてくれるより、対象者の希望を叶えたほうが後悔しない。極端に言えば『死んでも良いから希望を叶えてあげる』ほうが後悔はしないとだけ伝えておきたいと思う。勿論、その判断は家族がするべきもので、自分達で判断したのだから、結果がどうなっても後悔しないことだよ。

ちぎら
ちぎら

そっかぁ「喉が渇いたよね」も変じゃないんですね。

代表
代表

ついでに言うと『末期の水』は水で無くても良いと思う。例えば日本酒が好きな故人なら『酒』で末期の水をとっても良いし『ビールやウイスキー』でも構わない、その意味ではジュースでもコーラでも良いと思うよ。どんな事でも由来を理解した上で行うなら全く問題は無いし、そのほうが家族の心は安らぐはずだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました