№65「戒名は必要か、戒名ってなに?」

日々の「我想う」
この記事は約3分で読めます。
ちぎら
ちぎら

遺影の話しが出たついでに事前相談の中で『戒名』の話しになる事もありますが、私も明確に答えられない部分があるので、そもそも戒名とは何か、と、戒名は必要かを教えてください

代表
代表

『戒名とはなんぞや』
・戒名とは仏弟子となり俗世を捨てると俗名も捨てる為に授かる名前と思えばいい
・故に死して持つ名前でなく、生きて使用する名前、僧侶は戒名で生活してるはず
・宗派により法名、法号と呼ぶところもあるが内容は同じ
・仏教誕生のインド仏教に戒名はありません(中国で生まれたものと思える)

代表
代表

「戒名を付け、読経を唱えなければあの世で浮かばれない」と僧侶が言ったら霊感商法と思っていいだろう。その理由をいくつか挙げておきます。


『キリスト教・イスラム教・ヒンドゥー教で40億人、仏教3億6千万人』
・なら仏教より多い40億人は全員が浮かばれないのですか?
・仏教信仰者で無い人達は浮かばれないのですか?
・あの世は信仰別に違う世界があるのですか?
・ちなみに、そう言う僧侶のあなたは死んだ経験があるのですか?

ちぎら
ちぎら

確かに・・・仏教信者の11倍の人達は戒名は無いですね。なら戒名は要らないと思って良いでしょうか。

代表
代表

結論はその通りだね。「あの世に逝って浮かばれない」こんな脅しを使ってはいけない。ただ戒名を完全否定するつもりはない。死者に対してうんぬんでなく残る家族の満足感を提唱するなら問題ないけど、いかんせん謝礼として高過ぎるのが大問題だな、信士信女戒名と読経で30万円、居士大姉で50万円、院号付なら100万円、これは謝礼の枠を超え過ぎてるし、檀家が減って収入が減っているのを補おうとしているのが見え見えの料金設定だよな、あんしんサポート設立当初は信士信女戒名と読経で15万円が相場だったのに、ある日突然倍額になったのだから談合だろうな。


読経、戒名の謝礼が数万円程度なら仕方ないと思うけど、国民年金で生活してる老人なら夫婦でも最大13万円程度なのに、30万円の蓄えは簡単ではないし、僧侶を食わせる為の年金では無いからな、僧侶が食えないなら他の仕事もすれば良いだけの事、これが世間一般の常識だろう。それを檀家の意向も聞かず好き勝手に値上げするのが今の寺だから、そりゃあ檀家も減るだろうよ。


あんしんサポートが低料金で食えないからと誰か助けてくれるか? だから料金値上げをしますと一般葬儀社並みに値上げしたら葬儀支援とは言えんだろう。そんな状況になったら、それほど必要とされて無いのだから閉鎖するのが筋だと思う。もっと言えば、檀家だから、墓があるからと、人質をとったような発想が問題だな。

ちぎら
ちぎら

結構きつい事を言ってますよね。大丈夫ですか?

代表
代表

ん? 何が――、事実を言ってるだけだし、多分国民の大多数は僕と同じ感覚だろう。今まで苦言を呈して来なかったから、何でもありだと過信した結果が今の檀家激減に繋がってるのは間違いない。法話でどんなに素晴らしい事を言っても、絵に描いた餅では意味が無いし、馬鹿にされるだけだよ。言うなら、言ったように生活してみろって事だわな。いくら表面だけ繕っても人はちゃんと見てるんだよ。それが信用だからな、勿論、極々少数の立派な僧侶はいるだろうけど、大半は僕らより遥かに煩悩の多い凡人ばかりだよ。いつの間にか僧侶への苦言になっちゃったけど、戒名が問題なのではなく、戒名や読経に対する謝礼が問題、今の高額な戒名や読経なら、信者以外は要らないだろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました