平凡に生きるは難しい

日々の「我想う」
この記事は約1分で読めます。

子供の頃は「平凡が一番」って言われると「つまんねぇ」と心の中で反発した記憶がある。だけど我が人生を振り返ると、俗に言う波乱万象という言葉がしっくりくるような人生で、平凡に生きるってのは難しいと、平凡って最高の幸せとも言い換えられると分るようになったのは、人生も後半どころか終盤に入ってからだなぁ、俺が馬鹿なのか、大抵の人はそうなのか知らないけど、毎日を平凡に心穏やかな笑顔で過ごす――、そうだなぁ、サザエさん一家みたいなもんだけど、あんな家族や日々を生きるのは、簡単なようですっごく難しいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました