人生は後悔の連続

日々の「我想う」
この記事は約1分で読めます。

後悔の無い人生を生きようと思うのは、散々後悔ばかりの人生を歩んできた人だから考えられる事、僕自身は自分の人生を振り返ると、後悔の連続ばかりの人生だった気がするし、言いわけばかりの人生だったとも思う。それでも遅ればせながら50代を迎えてからは、要らぬ執着は捨て、自身の能力は希望や願望ではなく、結果で判断する事を覚えると、凡人だと分り、見栄や、世間体より、人様に迷惑を掛けなければ、自分に正直に生きるのが一番と思えた。人生の終盤とは言えラッキーだったと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました