「これで安心」の言葉に感じる責任感

日々の「我想う」
この記事は約3分で読めます。
ちぎら
ちぎら

うちは独身、離別、死別問わず独身老人の入会も多いじゃないですか。中には車の運転が出来ず、タクシーで来られる人もいて、自宅や駅やショッピングモールまで送っていく人達もいますけど、車中で「自分の死後が、ずっと気掛かりでしたが本当に来て良かったです。色々なお話しも聞けたし、これで安心して過ごせます」って言われる人が殆どなんですよ。きっと死後の心配をしながら日々過ごしてる人が多いんでしょうね。

代表
代表

だろうな。段々年老いて思ったように動けなくなって、周囲の友人知人もひとり、またひとりと亡くなって葬式費用を聞けば100万円以上、さらに永代供養墓に入れば数十万円と聞かされ、年金は毎年下がって余裕は無いし、いつか自分も死ぬと考えると、頼れる人もいない、大金もない、どうしたら良いんだろうと不安ばかり募り、人生を楽しんだり謳歌するどころじゃない――、これが普通の人の感覚だろうから無理もないよ。

ちぎら
ちぎら

もしかして、これを見越して『完全委託パック』を設定したんですか?

『完全遺体パック12万円税込』
・事前入会、事前申込限定(死亡届出人記入の必要事項、支払い、印鑑等全て事前に準備)
・逝去場所までお迎え(365日24時間対応)
・前橋あんしん館にてご安置(年末年始も含め安置日数、ドライアイス使用量、全て含む)
・山型フタ突き白布6尺棺使用
・死亡届、火葬予約等全て代行
・予約日時に合せ、あんしん館~利用斎場まで搬送して火葬
・火葬後は7寸白骨壺に拾骨、あんしん館に持ち帰り、専用機械にて飲み薬状に粉骨
・後日、当方専用散骨場にて全散骨
・以上の全てと消費税も含めた全費用が含まれ、追加は一切ありません
・旧前橋隣接地域外は迎え1万円、火葬も隣接外なら2万円(届出、火葬と2度行く為)加算

代表
代表

うん、そうだよ。NHKが取材に来てくれてた時、動画にも出てる髙橋さんと記者の話しを聞いて、娘さん夫婦がいても、人に迷惑を掛けたくないのが本心だって事と、独居老人の持つ不安が見えた。どうすれば不安を取り除いてあげられるか考えた設定だから不安解消は当然とも言える。

ちぎら
ちぎら

『火葬支援パック』『ぱっく60』『永代供養散骨』『式場祭壇飾り』そして『完全委託パック』と、どれも代表が口にした時点では『ふーん』程度でしたけど少し経つと評価されたり、利用者が増えるものばかり、中には家族葬「1」みたいに設定直後から好評もありますけど――、見ているのは今の葬式ではなく、今は元気な人の数年後を見たり、想定してるのでしょうか?

代表
代表

その通りだよ。今を見て設定しても周知までに時間が掛かるから、少し前なら良かったのに――、って事になる。大抵の場合、独居老人や今の生活で精一杯の人達の5年~10年後を想定してる事が多いかな。たださ、今回のように「自分の死後が、ずっと気掛かりでしたが本当に来て良かったです。色々なお話しも聞けたし、これで安心して過ごせます」と言われると『未来予測が間違って無かった』と思う反面、いつまで現場で動けるだろうとか、やっと持てた安心感を失わさせてはならない――、みたいな責任感も感じる。

ちぎら
ちぎら

だから毎月のように血液検査と尿検査もして健康に注意してるわけですから、それで充分だと思います。その意味では私だって同じ、いつなにがあるか分りません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました