死後に必要な知識を伝える理由

葬儀支援ご利用案内の詳細
この記事は約3分で読めます。

死後の遺体がどう変化するか、どこに注意すべきか、葬儀社が儲ける為に行い、勧める
葬式の実情、また我が家の葬式は宗教儀式をすべきか否かなど、詳細に書いてあるのは
本ブログだけだと思いますが、色々細かく書くには理由があります。

葬儀社の中には『家族は何も知らなくても、何もしなくても、全て行うのが葬儀社』と
いうサービス業感覚を持つ葬儀社のほうが多く、この言葉にも一理あるとは思います。
しかし無知な家族に対し「暴利」「霊感商法」「誘導商法」を駆使して結局は超高額な
葬式をさせる現実ばかり、葬式後の生活が大変な家族、ローン支払いに追われる家族が
何処にでもいる現実は、最初の文言も誘導商法でしかなく、どんなに綺麗事を言っても
ようは沢山儲けたいだけの事でしょ!? としか思えない現実です。

何度も言うように、どんなに良い人に見えても最終的に高額費用が付随しているなら、
良い人ではなく、口の立つ単なる商売人と思って間違いありません。勿論、それで良い
家族もいますから、自分の家の葬式は依頼すれば良いでしょうが、金銭面で不安のある
家族は、地に足を着けてしっかり選択しなければなりません。

そうなると、家族自身がある程度の知識を持たない限りは無理なんです。何処をどうす
れば節約できるのか、どれが無駄な費用なのか、うちは本当に宗教儀式が必要か、色々考えれば『我が家の葬儀・葬式』が、それなりにできあるでしょう。いずれにせよ大事なのは死後でなく、存命中ですから『生前しっかり葬儀をして別れを受け入れること
その後の葬式は、その時点の財布事情に合わせ絶対に無理をしないこと、この言葉だけ
しっかり頭に叩き込んで、家族間で同じ認識が持てれば後悔する葬儀、葬式をすること
なく、最後まで温かい心で家族を送り出せるでしょう。

僕個人としては『家族は何も知らなくても、何もしなくても、全て行うのが葬儀社』と
思っていません。まず終幕を迎えた時に後悔を残さないよう生前しかできない事をして
おき、逝去後の葬式は故人と親交の深かった人(家族)が行うのが基本、義理の会葬は
不要、世間体や見栄も一切無用、但し残る家族の生活だけは守れる葬式をする事――、
この流れが順調に進むよう補佐するのが葬儀社という仕事、そして本来あるべき葬儀、葬式の流れだと思っています。

その家族を補佐するのが葬儀屋の仕事、分らない事があったら葬儀屋さんに聞けば良い
人の死後に必要なことは何でも知ってるのが葬儀屋さん。昔の葬儀屋は知りませんが、
これが本来あるべき葬儀屋の姿だと思っており、あんしんポート葬儀支援センターは、
今の時代では「葬儀支援センター」ですが、本来あるべき葬儀屋の形だと思います。

これが人の死後に必要な知識を素人さんに伝える目的です。この考え方は設立当初から
変わっていませんから、かつて当方に来た葬儀社の人達に対しても聞かれた事は、隠す
ことなく全て伝えてきました。それが家族を守る事に繋がるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました